森田和明法律事務所

MENU

慰謝料請求

慰謝料を請求したい時は?

慰謝料とは

慰謝料とは

慰謝料とは、相手の浮気・不倫やDVなどの不法行為によって受けた精神的苦痛に対する損賠賠償金です。
浮気・不倫やDVなどによって生じた精神的苦痛に対する慰謝料(個別慰謝料)と、それにより離婚を余儀なくされた場合には、離婚そのものによる精神的苦痛に対する慰謝料(離婚慰謝料)に分けられますが、通常、裁判ではこれらは区別されず、ひとくくりに慰謝料とみなされるケースがほとんどです。

ただし、どのような場合でも慰謝料が請求できるというわけではなく、次のような不法行為があった場合に請求可能になります。

慰謝料請求が認められるケース

  • 不倫・浮気(不貞行為)
  • DV
  • 生活費を渡さないなど、配偶者としての義務を怠っている
  • 理由なく性的交渉を拒否する

など

慰謝料請求が認められないケース

  • 双方に離婚原因がない
  • 双方に離婚原因がある
  • 価値観の違いなど、原因に違法性がない

など

慰謝料の金額の目安

当人同士で話し合って離婚を成立させる場合(協議離婚)、慰謝料の金額に明確な基準はありませんが、裁判所を介して決める場合には、次のような要素を考慮して算定されます。

慰謝料算定で考慮される要素
  • 不法行為の責任の程度
  • 精神的苦痛の程度
  • 婚姻期間
  • どの程度の財産分与があったか
  • 請求者側の責任の有無・程度
  • 未成年の子供の有無
  • 年齢

など

このような要素を考慮して算定されますが、一般的には100~300万円が金額の目安となります。

慰謝料請求は弁護士へお任せください

負担なく慰謝料請求できます

慰謝料請求の交渉・手続きはすべて弁護士が行いますので、ご依頼者様は負担なく請求することができます。
また相手との交渉で精神的な負担を被ったり、新たなトラブルを発生させたりするリスクが低くなり、スムーズに交渉が進められるようになります。

弁護士が介入するだけで進展するケースも

ご自身で相手に慰謝料を請求しても、なかなかそれに応じてくれなかったり、交渉が前に進まなかったりするような場合でも、弁護士が介入することで相手が態度を変えて、交渉が進展するケースもあります。
適正な慰謝料請求のために何をするべきなのか、どんな行動が有効なのかアドバイス・ご提案いたしますので、「交渉が行き詰まっている」とお困りの方は、お気軽に大阪市北区・南森町駅の森田和明法律事務所へご相談ください。

Contact まずはお気軽に、
ご相談・お問い合わせ
ください。

0663618613 お問い合わせ

交通事故弁護士ナビ

0663618613

お問い合わせ

topへ