森田和明法律事務所

MENU

示談交渉

慰謝料・示談金の額に納得がいかない時は?

慰謝料・示談金の基準

交通事故の慰謝料・示談金の基準として次のようなものがあります。

自賠責基準

自動車損害賠償保障法によって定められている基準で、最低限度の補償を目的としているため、他の基準と比べて最も金額が低いものになります。

任意保険基準

保険会社が任意に設けている基準で、各保険会社で内容は異なります。
基準の内容は公開されていませんが、一般的に自賠責基準よりは高く、次の弁護士(裁判)基準よりは低いとされています。

弁護士(裁判)基準

過去の交通事故の裁判例に基づいた基準で、弁護士に依頼することでこの基準を使って交渉できるようになります。
他の基準の中で最も高いため、慰謝料・示談金のアップが可能です。

慰謝料・示談金をアップさせるためには?

示談書にサインする前に弁護士へご相談を

示談書にサインする前に弁護士へご相談を

保険会社の言い分をそのまま受け入れて、示談書にサインしてしまうと、後からそれを覆すことは困難になります。
なので、示談書にサインしてしまう前に、まずは一度弁護士へご相談ください。
詳細に内容を確認したうえで、適正な金額であるかどうかアドバイスさせていただきます。

保険会社の金額が適正とは限りません

大手保険会社であったとしても、保険会社が提示してきた金額が適正とは限りません。
弁護士へご依頼いただけば増額できる可能性は高いと言えますので、まずは一度当事務所へご連絡ください。
少しでも疑問を持たれたら、後々後悔しないためにも、いったん弁護士へ相談しましょう。
当事務所では初回の法律相談を無料で承っていて、事前にご連絡いただけましたら土日祝・時間外もご相談いただけます。

Contact まずはお気軽に、
ご相談・お問い合わせ
ください。

0663618613 お問い合わせ

交通事故弁護士ナビ

0663618613

お問い合わせ

topへ